So-net無料ブログ作成
検索選択

箱根堂ヶ島渓谷遊歩道(2015/11/16)

 11月も半ばに入り、秋も深まってきてはいるが冷え込みは弱い今年の紅葉シーズン。昨年に続いて箱根堂ヶ島渓谷遊歩道

を歩いてきた。(ルートマップはリンクを参照)


hayakawa_.JPG

 国道1号(東海道)から標高差100mほどを下りきり、早川を渡る。渡っているこの橋の名は「夢窓橋」。



 ルートを反対に進むと「夢窓国師山居跡」が近くにあり、そこに建つ庵の名は「夢窓堂」。



musoudou_.JPG



musoudou.JPG

 日本史上に名高い高僧「夢窓疎石(むそうそせき)」の足跡が、山深い箱根の早川渓谷にもある。鎌倉の瑞泉寺には鎌倉時代に製作された等身大の「木造夢窓国師坐像」(国重文)があるという。(詳しくはリンクを参照)



 



 ルートに戻ると、散策ルートの入口に道標が見える。



douhyou.JPG



 ここからしばらくは、山道ルートでハイキング気分を満喫できる。





tree.JPG

 陽射しの少ないルート上では、古い木々に絡みつくように小さな葉を持った蔓状の植物が観察された。



 スタートが遅かったので、30分余り歩いたところで見つけた東屋(あずまや)で食事休憩。



azumaya.JPG

 この周辺は「桜公園」と称されているので、次回はサクラの季節に来てみたい。

 メニューは、「カップうどん」とインスタントコーヒー。写っていないが、美味しいパウンドケーキもありました。



lunch.JPG



 ここから先は、しばらく平坦なルートが続く。

park.JPG

 ルートの終わりに、早川に架かる吊り橋の名前は「桜橋」。



tsuribashi.JPG



 吊り橋を渡り、「木賀温泉入口」というバス停があるルート(箱根裏街道と呼ばれている)まで、標高差50mほどの階段を上る。



 近くにある蛇骨川を渡る橋の上から、いま歩いてきたルートの先にある山を眺めるが、どうやら「明星ヶ岳」と思われる。

myojyo.JPG

 全行程は2km、所要時間は休憩を含め1時間余り。お手軽な散策コースなので、天気の良い平日にお奨めです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0