So-net無料ブログ作成

松田山緑の風自然遊歩道 (2015/11/12)



 山歩きの月例会、今月は「緑の風自然遊歩道」のネーミングに誘われるように、このコースを歩いた。



 コース中にあった案内板の写真を利用して、この日のコースをプロットした。


root_map.JPG

 小田急電鉄の新松田駅から松田町寄(やどりき)地区まで20分あまりバスを利用する。国道246号線から分かれて寄(やどりき)地区までのバスルートは、下を流れる中津川(酒匂川の支流)からは標高差50~100mはあろうかというほどの高低差が続き、この標高差が解消した地点に至り、集落の展開しているのが見えてきた。



 この辺りが寄(やどりき)地区の中心地で、近くには幼稚園をはじめ小中学校もあるが、コンビニは無い。



 「田代向」というバス停で下車して、参加メンバーにコースと日程を簡単に説明するが、自分も初めてのルートなので、なんとなく覚束ない。



 中津川を渡る「田代橋」には、ジョロウグモが出迎えていた。



jorou_kumo.JPG



 山道ルートに入る手前に「ドッグラン」がある。平日のせいか来場者は少なく、のんびりした風景だ。

dog_run.JPG

 メンバーにも愛犬家がいて、パンフレットをもらっていた。



dog_run_.JPG



 ハイキングルートは落ち葉が積もり、これが適度なクッションになって歩きやすい。

root_1.JPG

 ルート脇には、クサギが実をつけている。



kusagi.JPG



 緩やかな林間コースの上りを1時間ほど歩いたところで、突然視界が開け、眼下にスタート地点の集落、遠景には表丹沢の山並みが見えてきた。ここには「くるみ平」との標識がある。

kurumi_daira.JPG

 高松山への分岐地点には、このルート上の目印にもなっている送電線の鉄塔と道標がある。



tettou.JPG



 たくさんの実をつけたムラサキシキブ

murasaki_shikibu.JPG

 ルートはいったん下りになり、小さな沢を渡るポイントまで下る。



root_2.JPG



 ここから高松山までは急登が続き、写真を撮る余裕もなかった。上りがようやく緩やかになり、周囲が明るく開けてきた辺りで観察したガマズミ

gamazumi.JPG

 まもなく「あずまや」に到着し、しばし休憩。ここまで標高差約300mを登ってきただけだが、それなりの達成感を満喫する。



azumaya.JPG



 松田山の山頂を示す標識などを見つけることはできなかったが、この周辺にあるのだろう。ここからはのんびりウォーキングとなった。

 ピンクの実をたくさんつけている、マユミ



mayumi.JPG

 続いて、イヌザンショウ

inu_zansyou.JPG (名前が分かったので、追加しました。)

 立派な枝ぶりのサクラ



matsudayama_.JPG



 南の方角に視界が開けると、酒匂川の流れに潤された足柄平野と、その向こうに箱根山の外輪山が望めた。

matsudayama__.JPG

 時刻も午後1時を過ぎ、ようやく「最明寺史跡公園」に到着。遅い昼食休憩となった。



saimyouji_park.JPG



saimyouji_park_info.JPG

 帰路は山を下る舗装された林道を延々と歩き続ける。



 途中で西平畑公園の近くにある「内藤園」というみかん園に立ち寄り、メンバーは皆それぞれに早生みかんをリュックいっぱい詰めての帰途となった。



 公園から箱根山方面を望むと、雲の合間から差し込む陽の光が傾き始めていて、日没まで間もないことを知らせているようだった。時刻は午後3時半を過ぎている。

hakone_gairinzan.JPG

 新松田駅には午後4時頃に到着し、無事に解散となった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。