So-net無料ブログ作成
検索選択

足柄万葉公園~矢倉岳(2015/10/30)

 関東地方は、台風や大雨にも見舞われず穏やかな今年の10月だった。この日も好天との予報に誘われるように山歩きに出かけた。目指すは、秦野盆地から富士山を望むと必ず視界に入ってくる「矢倉岳」。

 マイカーで南足柄市の西部から静岡県との県境に位置する「足柄峠」に向かって峠道を上り続けると、峠の少し手前に「足柄万葉公園」がある。




manyoupark_enter.JPG

 万葉公園にはバス停があり、路線バスがハイキング客などの利用に応えて、土日曜日と祝日だけ運行している。ただし、1日に6便だけで、少し手前にある「地蔵堂」からの乗り継ぎ路線になっているようだ。



 このバス停の隣に無料の駐車場があり、6~7台の乗用車が駐車可能だ。マイカーをここに停めて万葉公園案内板の脇からハイキングルートに入る。



 



 ルートの最初に万葉公園の中を進むと、万葉の歌碑が随所に設けられている。



manyoupark_kahi.JPG



 ここ足柄峠は、古代(飛鳥~奈良時代)に防人(さきもり)として主に九州北岸における外敵(唐や新羅)からの侵略に対する防御線への配備兵に動員された東国の男達が越えていった西国との分水嶺だ。彼らはこの峠に立ち、故郷に残してきた家族や恋人を偲んだとされる、多くの詩が万葉集に遺されている。そのいくつかが、ここ万葉公園の歌碑に刻まれている。



 



 矢倉岳(標高870m)に向かうハイキングルート。



rinkan_root.JPG



 途中にある「山伏平」までは、緩やかな下りが続き、陽も差し込まない林間コースでは汗も出ないまま、のんびりウォーキングが続く。



 



 薄暗い林間ルートの中で、赤い実をつけた「マムシグサ」がやけに目立っていた。

mamushisou.JPG

 

 ルートの途上の小さな沢を渡る木橋に、大きな木が引っかかって止まっている様子が見えたが、橋が破壊されなかったのが不思議にも見える。



rinkan_root_.JPG



 眺望の開けたところから、これから登る矢倉岳を望む。

yaguradake_far.JPG

 

 万葉公園から1時間ほどで「山伏平」に到着。ここは「県立21世紀の森」や「洒水の滝」に向かう分岐点でもある。



yamabushi_daira.JPG



 矢倉岳の頂上まではあと少し、ここからは上りが続き、後半には階段状の急登が待っていた。

step_root.JPG

 頂上が近づくにつれて、陽射しが周囲を明るくしてきた。この辺りからは草花も観察できる。



rindou.JPG リンドウ



yamarakkyou.JPG ヤマラッキョウ

 ピンク色の実をたくさんつけた「マユミ」。

mayumi.JPG

 山頂には「足柄神社」の奥宮といわれている石祠があり、写真の左奥に標高(870m)を記した標識がある。



yaguradake_peek.JPG

 ここからは、富士山と相模湾の絶景が望めるとの期待があったが、残念ながらたれ込めた雲が払拭されず、カメラに収めた富士山は、わずかに頂上の一部をのぞかせているほかは、すそ野が見えていただけだった。



Mt_Fuji.JPG



 天候は山歩きには絶好だったが、写真撮影にはイマイチのハイキングも、帰りは来たルートを戻るだけ。これはマイカーで来た者の宿命だ。もちろん、他のルートを迂回するなどの選択肢もあるが、体力が許さない。



 こうして、往復3時間程度のハイキングだったが、近くにあっていつも視界に入っていた「矢倉岳」にようやく登ることができた。



 「低(低山)、近(近くの山)、短(3~5時間程度で往復)」(ていきんたん)をテーマとした山歩き、またひとつクリアできた一日だった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0