So-net無料ブログ作成
検索選択

あしがらの里へ秋の花見 (2015/9/16)



 8月に河村城址公園からアサヒビール神奈川工場までウォーキングしたが、この時に時間の制約からスキップしてしまったので、穴埋めウォーキングに出かけてきた。



 マイカーを南足柄市運動公園の駐車場に停めて出発。この公園の東面した斜面には、一面にリコリス(彼岸花)が咲くというので人気のスポットだ。

licorice.JPG

 群生している彼岸花は3分咲きほどの開花状況だったが、写真のように妖し過ぎるこの花は、宗教的な雰囲気のする「曼珠沙華」という名前が似合っている。



以下は、ネット上の記事から引用した現実的な情報。



彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、「毒花(どくばな)」「痺れ花(しびればな)」などと呼ばれています。その反面、でんぷんを多く含んでいるため食用可能で、毒は水にさらすと抜けるため、昔は飢餓に苦しい時に毒を抜いて食用にすることもあったそうです。田んぼの畦道に彼岸花が多いのは、その毒でモグラや野ネズミを防除するためだけではなく、飢饉に備えて植えたという説もあり・・・(以下省略)


licorice_.JPG

写真はこの後に行った「酔芙蓉農道」近くで撮ったもの。この辺りの田んぼの畦道には、ほとんど例外なく彼岸花が咲いていて、収穫を間近にした稲穂との対照が秋を彩っていた。



asahibeer_plant.JPG

 南足柄市運動公園を出て「怒田配水池」のある高台に出ると、南西の方角に箱根連山を背景にして、アサヒビール神奈川工場が見える。先月は工場の構内に入り見学までしたが、このように遠景で望むと改めて工場の規模の大きさが感じられる。



 高台から集落のあるところまで下りると「慶傳寺(けいでんじ)」という立派な構えの寺が見えた。臨済宗円覚寺派とある。



keidenji.JPG



 山門には阿吽の金剛力士像が左右に配置されていて、その裏側には「東方持国天」と「南方増長天」が悪鬼を踏みつけたポーズで、この寺を守護しているようだ。山門の天井には曼荼羅図が描かれていて、この山門だけで十分に仏教の世界を醸し出している。

keidenji_agyou.JPG  阿形像
keidenji_ungyou.JPG 吽形像
keidenji_touhou.JPG 東方持国天
keidenji_nanpou.JPG 南方増長天

 花見ウォークに戻り、次は南足柄市怒田(ぬだ)の里道の道祖神と彼岸花。



dousojin.JPG



 沿道に群生していたルコウソウ



rukousou.JPG



 花見のラストは、南足柄市千津島地区の「酔芙蓉農道」を歩きながら酔芙蓉、ヒメヒマワリ、黄色の彼岸花を観賞する。



suihuyou_pink.JPG ピンク色の酔芙蓉
suihuyou_pink_.JPG 八重咲きの酔芙蓉
hime_himawari.JPG ヒメヒマワリ
licorice_yellow.JPG 黄色いリコリス



 今回は、里道や田んぼの畦道に咲く秋の花を観賞したが、次は山野に咲く花を見に行こう。春に劣らず、秋も絶好のお花見シーズンだ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。